【取り組み紹介】MS&ADインシュアランスグループホールディングスのレジリエントでサステナブルな社会を実現するSDGsアクション
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【取り組み紹介】MS&ADインシュアランスグループホールディングスのレジリエントでサステナブルな社会を実現するSDGsアクション

「おうち時間」を「SDGsに触れる時間」にするため、“SDGsな”エンタメや、企業などの取り組みなどをご紹介していく「おうち時間でSDGs」。今回は、ジャパンSDGsアクションの公式パートナーである「MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社」の取り組み事例をご紹介します。

■今回SDGsの取り組みをご紹介する企業
MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社
三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保など5つの保険会社を有する持株会社。急激に変化する環境の中でも、それぞれ特長を持つ生損保各社の強みを掛け合わせ、多様性から生まれるイノベーションを社会的課題の解決に活かし、グループ全体の持続的な成長と企業価値の向上につなげている。

HP:https://www.ms-ad-hd.com

コンセプトは「レジリエントでサステナブルな社会の実現」

MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社は、現在のコロナウィルスの脅威や、自然災害の甚大化など、社会が直面する多様なリスクに向き合い、その課題解決に向けて取り組むことを保険会社の使命と捉え、さまざまな活動をしています。

目指すべきゴールは、社会の課題を解決し、社会との共通価値の創造(CSV取組)を通じて「レジリエントでサステナブルな社会」を実現すること。主に7つの重点課題を中心に取り組み、SDGsの実現に貢献しています。

【7つの重点課題】
● 新しいリスクに対処する
● 事故のない快適なモビリティ社会を作る
● レジリエントなまちづくりに取り組む
● 「元気で長生き」を支える
● 気候変動の緩和と適応に貢献する
● 自然資本の持続可能性向上に取り組む
● 「誰一人取り残さない」を支援する

【事例1】リアルタイム被害予測ウェブサイト「cmap」の運営

■ターゲットとなるSDGsのゴール
11.住み続けられるまちづくりを|13.気候変動に具体的な対策を

あいおいニッセイ同和損保が運営する「cmap」とは、台風・豪雨・地震による被災建物数と被災率を市町村ごとにリアルタイムに予測できるWebサイト。大規模自然災害が頻発している近年の状況下において、どのような状況においてもお客さまに心から寄り添った対応を行い、1日でも早く保険金をお支払いすることが損害保険会社の責務であると考え、被災した地域や規模を早期に把握するために建物の被害件数や被災率を予測します。

同社では、cmapの情報が迅速な避難、救助活動の一助となることを願い、無償で一般公開しています。cmapは、スマートフォン、パソコン、タブレット端末など全てのデバイスから、利用者登録などの手続きなく閲覧が可能(※)。台風上陸前から最大7日先の被害予測、洪水警戒レベル4・5相当の地域表示、洪水・土砂ハザードマップ表示などの機能があり、お住まいの地域のリスクについて日頃から把握することで、防災、減災にも役立てていただけることができます。

※本サービスにかかわる通信料は利用者の負担となります。

【この取り組みについてもっと知りたい方は、こちらをチェック!】

【事例2】スマ保災害時ナビの提供

■ターゲットとなるSDGsのゴール
11.住み続けられるまちづくりを|13.気候変動に具体的な対策を

三井住友海上では、災害時に役に立つスマートフォン向け無料サービス「スマ保災害時ナビ」を提供し、大規模自然災害に遭遇した時の安心・安全な行動をサポートする取り組みを進めています。

スマ保災害時ナビは、「地図やカメラによる避難所ガイド」「各種災害に関する情報の通知」「災害時ノウハウ集」「安否登録・確認機能」「多言語対応」という5つの機能を搭載。さらにスマートフォンのGPS機能を使って現在地情報を取得し、周辺の避難所等をルート案内するだけでなく、AR機能で真っ暗闇でも方向が分かるといった機能も搭載しているなど、有事の際に安心・安全な行動がとれるようなさまざまなフォロー機能が充実しています。

【この取り組みについてもっと知りたい方は、こちらをチェック!】

【事例3】オンラインSDGsプラットホーム 「Platform Clover」の活用案内

■ターゲットとなるSDGsのゴール
すべてのゴール

「Platform Clover」は、個人や企業、行政、教育機関など産学官民のSDGsに関する活動を応援するオンラインプラットフォームです。利用者は自身のSDGs関連プロジェクトを投稿して対外アピール等が行えることに加え、他の利用者のSDGs関連プロジェクトの検索や連携の打診をオンライン上で行うことができます。

三井住友海上・あいおいニッセイ同和損保は「Platform Clover」を活用案内していくことで、社会的課題と解決のためのノウハウ等を、SDGsの17のゴールに紐づけて見える化するとともに、課題解決に向けた協働や協創を実現し、産学官民のSDGs取組をサポートしていきます。

レジリエントでサステナブルな社会の実現に向けて自治体や商工団体、金融機関等と連携し、地域の自治体や企業等に対するSDGsの普及啓発や取組支援を推進しています。

【この取り組みについてもっと知りたい方は、こちらをチェック!】

持続可能な未来の実現へ向けたメッセージ

最後に、ご担当者にお伺いした、MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社が抱くSDGsや持続可能な未来への想いをご紹介して終わりたいと思います。MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社では、今回ご紹介したもの以外でもさまざまな取り組みを行っていますので、気になった方は、ぜひホームページからチェックしてみてください!

■MS&ADインシュアランスグループホールディングス株式会社からのメッセージ
私たちの経営理念「グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えます」の追求には、地球や社会のサステナビリティの実現が不可欠であることは間違いありません。

地球や社会のサステナビリティの実現は、社会のさまざまな方との対話や協働なしには、なしえません。ゴール17にある通り、多様なステークホルダーとのパートナーシップを通じて、社会的課題を解決していきたいと考えています。


今後も、より良い未来づくりにつながる情報を発信していきます。Twitterもよろしくお願いします!

「スキ」ありがとうございます!シェアしてくださると嬉しいです!
いま、あなたがやっていること。それは、みんなの未来につながっていくこと。 みんなでSDGsアクションを実践して10年後の未来をもっとよいものにするための「情報」と「行動」が集まるノートです。企画・編集・運営:ジャパンSDGsアクション推進協議会 事務局