【greenbird×10年後の未来をつくるトーク#1】渋谷で楽しみながら始める小さな一歩|澤登公孝さん(渋谷チームリーダー)

10年後の未来をつくるトーク第10回ゲストのグリーンバード監事中裕樹さんと一緒に、新しいトークコーナーがスタートしました。

グリーンバードのゴミ拾いは、それ自体がSDGsアクションであるとともに、地域を知ったり、社会問題に気づいたり、新たな課題の入り口になる活動です。そんな活動を続けるグリーンバードの各地域リーダーをお招きして、地域で行っている活動や、活動を通しての気づきを伺いました。

第1回はグリーンバード渋谷チームリーダーの澤登公孝さんをお招きして、下記のようなお話を聞きました。


◯渋谷チームの幅広い活動、コレボレーションについて
◯澤登さんがグリーンバードに参加した背景と「ハードルの低さ」について
◯ゴミ拾いを通して気づいた「居場所づくりの価値」について


澤登さんのお話を聞いていると、純粋に「楽しそう!」とワクワクします。また、渋谷というカルチャーの中心地だからこそ、ゴミ拾いからその先の活動につながる面白さも感じました。

気軽にできる一歩目のアクションとして、ぜひみなさんの地域でも参加してみませんか?

今後も、より良い未来づくりにつながる情報を発信していきます。Twitterもよろしくお願いします!

「スキ」ありがとうございます!一緒にSDGsアクションを広めましょう!
6
いま、あなたがやっていること。それは、みんなの未来につながっていくこと。 みんなでSDGsアクションを実践して10年後の未来をもっとよいものにするための「情報」と「行動」が集まるノートです。企画・編集・運営:ジャパンSDGsアクション推進協議会 事務局