見出し画像

公式パートナーについて

ジャパンSDGsアクション推進協議会(以下、「本協議会」という)では、「ジャパンSDGs アクション」をともに推進していただける企業・団体を募集しています。このたび、協賛・メディア・連携パートナーとして、41社を企業・団体を公式パートナーに迎えました。

公式パートナーの企業・団体には、少子高齢化や気候変動、ジェンダー平等などコロナ禍により顕在化した社会課題について、SDGsの視点から捉え直し、これからの社会・未来のために今できることを私たち一人一人が考え、自分事化し、具体的な行動に移す取り組みを進めていくという、「ジャパンSDGsアクション」の主旨にご賛同いただきました。

今後も、「ジャパンSDGsアクション」をともに推進する企業・団体の輪をさらに広げてまいりますので、ご関心のある企業・団体におかれましては、事務局あてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

【お問い合わせ先】
ジャパンSDGsアクション推進協議会 事務局 湊、天城
Tel:045-285-0909/FAX:045-210-8865
Email:SDGs-renkei.mx4p@pref.kanagawa.jp


■公式パートナー企業・団体(令和3年1月28日時点)

※五十音順、敬称略

(1)協賛パートナー/31社
「ジャパンSDGsアクション」に協賛し、SDGsアクションを実践するための仕組みを共に創り上げていく企業・団体 。

画像2

画像1



(2)メディアパートナー/5社
「ジャパンSDGsアクション」の活動を、自社のメディア等で紹介、発信いただく企業・団体。

・株式会社朝日新聞社
・株式会社NHKエンタープライズ
・株式会社ジェイコム湘南・神奈川
・株式会社日刊工業新聞社
・株式会社文藝春秋


(3)連携パートナー/8社
駅構内等でのポスター掲出に協力いただくなど、「ジャパンSDGsアクション」の活動に関して、自社のリソースを提供いただく企業・団体。

・江ノ島電鉄株式会社
・小田急電鉄株式会社
・京浜急行電鉄株式会社
・相模鉄道株式会社
・東急電鉄株式会社
・東京地下鉄株式会社
・横浜高速鉄道株式会社
・横浜市交通局(横浜市営地下鉄)

今後も、より良い未来づくりにつながる情報を発信していきます。Twitterもよろしくお願いします!

「スキ」ありがとうございます!一緒にSDGsアクションを広めましょう!
27
いま、あなたがやっていること。それは、みんなの未来につながっていくこと。 みんなでSDGsアクションを実践して10年後の未来をもっとよいものにするための「情報」と「行動」が集まるノートです。企画・編集・運営:ジャパンSDGsアクション推進協議会 事務局